介護保険、自立支援の記録の書き方PART1

介護保険、自立支援の記録の書き方と交通費・移動費請求書の記入方法について

ヘルパー研修会及び勉強会H.31.4.22開催

今回、交通費・移動費請求書に関しての説明会を設けさせていただきました。皆さまに統一していただきたいのと、サービス実施記録書の書き方を再度確認させていただきました。
研修会終了後に交通費、昼食代に関してお問い合わせがヘルパーさんからの問い合わせが多かったようです。ご不明な点はサービス管理責任者に問い合わせをお願いします。

こちらは28号様式・サービス提供実施記録票の見本です。 下記見本の通り統一をお願い致します。
■活動前
*自宅から集合場所迄の交通費は LLT使用の交通費・移動費請求書に記入をお願いします。(LLT負担の為)

■活動に入った場合
*活動中のヘルパーの交通費、活動費(入場料等)は利用者様負担です。
*食事代は700円(756円税込)までは自己負担となります。700円を超えた分は利用者様負担となる為、なるべく700円以内で収まるようにお願い致します。
*喫茶代は会社との契約上ヘルパー負担になりますが、グループホームや利用者様によって違う所もあります。
*待機時間の記入はしないで結構です。
*日付、曜日、時間を記入し、確認欄提供者印はヘルパー印を押してください。
*用紙は利用者様の自宅、または本人が持っており必ず1か月毎の回収となります。
*役所への提出書類の為、紛失しないようご留意願います。

◎移動支援の場合◎
◎介護支援の場合◎

■サービス実施記録(複写式)
*記入後、1枚目の白い紙は利用者様控え、2枚目の黄色又はピンクの紙はLLTの控えとなります。(訂正印は全て利用者印を押します)

◎交通費・移動請求書◎
◆同じ系列のバスに3回以上乗る場合には1日乗車券を買った方がお得になるそうです。
◆交通系ICカードをお持ちでご使用された方は その金額での記入をお願いします。
◆シニアパスをお持ちでご使用の方は記入も請 求もしないようにお願いします。